おせち料理は楽しみでもあり辛くもありました

おせち料理は楽しみでもあり辛くもありました

家の母は料理を作るのが大好きで、毎年おせち料理を自分で作っていました。

 

そんな母の手作りのおせち料理は美味しく、私は毎年お正月が来るのが待ち遠しかったのです。
私はおせち料理の中でも、栗きんとんと黒豆が大好きでした。

 

どちらも甘さがほどよく、ほっぺたが落ちるかと思う程美味しかったのです。
ただ私の好きなおせち料理を食べるには、一つやらなければならない事がありました。

 

それはおせち料理の中で、私が苦手としている物を食べなければいけなかったのです。
苦手としている昆布巻きやなますを食べなければ、栗きんとんや黒豆を食べさせてもらえませんでした。

 

ですから毎年おせち料理は楽しみの一つでもあり、辛い物でもあったのです。
しかしそんな母のおかげで食べ物の好き嫌いが無くなり、今では母に感謝をしています。